「幸せの青い味噌を探そう」発酵文化人の挑戦 #17

2019.05.16

2019/05/16 第17回 plusus meetsレポート

「幸せの青い味噌」

 

今回はplususメンバーで発酵マニア&自家製マニアの玄間さんが「幸せの青い味噌を探そう」というタイトルで、日本各地の味噌の違いなどをレクチャーしてくれました!

 

会は「味噌」についての講義から始まり、白い/赤い、甘い/辛い 味噌の原料の違いなどを教えてもらいました。

次に、わざわざ今日のために玄間さんが持ってきてくださった7種類の味噌の実食!!!

味噌がおもしろいのは、米や麦・大豆と、麹、塩。シンプルな素材を混ぜて発酵させるだけで完成すること。そして、異なる原材料を異なる配合で混ぜて作るだけで、全く違った味わいや特徴が生まれること。それによって、日本各地の地域による味噌の味の違いや特徴になっているそうです。

plusus memberも、それぞれの出身地や慣れ親しんだ味によって、好みがそれぞれ!自分が慣れ親しんだ味噌の味がどれなのか、自分の好む味噌はどれか考えながらいただきました。

味噌だけで食べるのと味噌汁にして食べるのではまた味わいが違うことが驚きでした。

最後に、実食で各々が気に入った味噌を玄間さんからお買い上げ、会を終えました。

日本の食文化や、自分たちの食の系譜について考える興味深い会となりました。

玄間さん、ありがとうございました!!